念願の保育士になりましたが体調を崩して退職しました。


私は子どもの頃から保育士になることが夢でした。短大の保育科を卒業し念願の保育士になることができました。

そして20歳からの7年間正社員として保育園ではたらきました。とてもやりがいがありましたが、思っていた以上に辛いことの多い日々でした。

働く上で辛かったこと

保育士はかわいい職業のイメージがありますが実際には肉体労働です。子どもを抱っこしたりおんぶしたりは当たり前ですが、女性ばかりの職場なので重い物を運ぶのも自分達でやらなければいけません。

なので常に肩がこり腰が悪くなりました。しかしそれはまだ我慢できました。

何より辛いことは人間関係です。女性ばかりなので派閥がありいつも悪口を言いあっていたり主任の気分次第で怒られることも多々ありました。

そんな生活の中でだんだんとストレスがたまっていったのだと思います。

パニック障害発病

保育士を始めてから7年が経って立場も上になってきて、クラスリーダーを任されるようになりました。

その分責任も重くなり主任からきつく怒られることも増えました。しかも主任に嫌われていたので、私のミスをわざわざ探して怒られるという日々でした。それでも子ども達もかわいいし辞めたいなんて思いませんでした。

しかしある日怒られている時に過呼吸になってしまいました。その時はすぐに治まりましたが、次の日から仕事に行こうと思うと心臓が痛くなり息が苦しくなって出勤できなくなりました。

心療内科に行きパニック障害と診断を受けて1ヶ月間休むことになりました。

仕事復帰から退職まで

仕事を休んでから1ヶ月後まだ医者からは行ってもいいと言われませんでしたが、運動会前だから戻ってきて欲しいと言われ医者に無理を言って出勤してもいい許可をもらいました。

久しぶりに会う子ども達は本当にかわいくて再び会えた喜びで涙が出そうでした。これからもがんばって働いていこうとその時は思いました。しかし復帰から1ヶ月近く経ってまたいつものように主任から怒られる日々が始まりました。

その時に主任から「休んだのもどうせずる休みだったんでしょ」と言われました。本当にショックでした。

子ども達はかわいいですがもうここでは働けないと思い退職することにしました。

退職する日子ども達と離れるのが寂しくて涙が止まりませんでした。でも今は退職して良かったと思っています。

退職してからすぐ辛かった生理痛も偏頭痛もなくなり夜もぐっすり眠れるようになりました。

保育士をやめた私がまた保育士に戻りたい理由


私は結婚を機に、夫の住む町へ引っ越さなければならず保育士を辞めました。

それまで5年間、同じ職場で働いてきましたが、通勤困難な距離だったため、辞めざるを得ませんでした。年度途中で退職しなければならなかったこともあり、他の先生方には迷惑をかけてしまいました。

勤めていた園では、正規職員として働いていたので、ボーナス、退職金も出ましたが、基本給が低いので、ボーナスは普段の生活費の補填に消え、退職金も多いとは言えないものでした。臨時職員の先生は、ボーナスもなく、退職金もないため、勤続年数を重ねる理由がないとも話していました。

再就職を目指して

現在、子どもを出産し、職場復帰を目指していますが、小さな町なのでパートの保育士の募集がなく、フルタイムの臨時職員としての募集しかありません。フルタイムといえば、必ず残業がつくのが保育士です。残業代はもちろん出ません。そして、私自身、子どもを預けなければならないのですが、1歳児はすぐに入所できるところがなく、無認可保育園もないので、職場復帰できないのが現状です。

保育士をしていたお母さんは、子どもが大好きです。自分の子どもならなおさら、成長を見届けたいと感じます。

勤務時間など融通のきかない職場だと実感してるからこそ、再就職を諦める人も多いのではないかと思います。

私が退職した時のこと

それでも私が職場復帰したいと思うのは、前の職場を退職したときに、園児のお母さん方が「先生に卒園まで担任してほしかった」「先生が担任になった時にとても嬉しかった」「うちの子は先生が大好きだった」などの言葉をかけて頂いたからです。

給与や待遇には変えられない、やりがいを感じられる瞬間があり、毎日子どもたちの成長を見られる喜びがあるからです。

働いている保育士のほとんどが、自分の時間やお金を削っていると思います。でも、子どもたちのためならそれでもいいと思えるのです。

それが保育士を続けたい1番の理由だと思います。

保育士へ転職したい。退職した理由とは

私は、3年ほど前に、保育士の仕事を退職しました。子ども達の笑い声が響く場所で、子ども達に囲まれて仕事ができて、毎日充実した日々を過ごしていました。

実家の近くに家を新築し、子どもも授かり、子どものことは、生後3か月から、ずっと母が面倒を見てくれて、仕事を続けることができました。

しかし、今から5年前の東日本大震災によって、私の人生はがらりと変わりました。

いつものように、息子のことは母にお願いして、仕事へでかけました。その日の午後、あの大きな地震があったのです。

大きな揺れのあと、実家のことがすごくて心配になりましたが、職場にも不安そうな表情をする子ども達がおり、園長には、すぐに帰るように言われましたが、定時までは、勤めました。

というのは、私の住んでいる地域は、津波で有名な場所だからです。すぐに帰ろうと車に乗りましたが、信号はつかず、道路は大渋滞。家まで帰る道は、通れないと警察に止められました。

そう、もう津波のがきた跡だったからです。

旦那の職場で、旦那の帰りを待ちました。合流して、山道から家のある地域近くまで進みました。

夜になっており、私の住む地域は、真っ暗でした。津波の跡でした。

震災により、私は、息子と母と曾祖母を喪いました。

築2年の家も流失し、生きている意味がわからなくなりました。でも、母なら仕事をしなさいと言うだろうと思い、歯を食い縛り、涙を流しながら、仕事をしました。

仕事復帰してから2年ほどの記憶がほとんどありません。仮設住宅に住みながら、仕事へいき、体重は10キロ近く痩せていました。

叶うのなら、もう一度我が子を抱きたいと思い、すがる思いで婦人科へ通いましたが、不妊治療専門医院を進められ、仕事と不妊治療の両立が始まりました。

担任を受けもっていたので、休みをとるのが、きつかったです。不妊治療は、体外受精をし、結果が出ずに、もうこのまま職場にいつまでも迷惑をかけられないと思って、退職届けを提出しました。

精神的にかなりきつい状態でしたが、震災後に仕事復帰できたのは、職場の皆さんのおかげです。

退職する月に、妊娠が分かり、職場の皆さんに伝えると、泣いて喜んでくださいました。今、次男は2歳になりました。

もう少ししたら、保育士転職に特化したサイトなどを使いパートで仕事復帰したいなと思っています。

希望する保育の職場に転職するためすることは

私は、様々な、保育の現場を転々として働いてきましたが、保育士になりたての頃からの夢だった、乳児院に転職することが出来ました。

なかなか、倍率が高く、転職するために書類選考、試験、面接がありましたが、諦めずに挑戦することで希望がかないました。

一般常識の勉強をしたり、面接で心がけることを、指導していただき、見事、働くことが出来ました。

しかし、そのためには、沢山の努力が必要でした。無料の就職サポートでポイントを指導してもらい、それを生かして、臨みました。

これ以上ないくらい本気を出して頑張りました。また、諦めることなく絶対働くという意思を強く持ちました。

履歴書の書き方

丁寧な文字でゆっくり、下書きをしました。

決して、文字の上手い、下手ではなく、丁寧に書くこと、志望動機などは、詳しく書き、どのような理由で希望したか、どのようなことをしたいか、いかに自分が此の仕事をしたいか、また、アピールポイントも詳しく書き、たかが履歴書と思わず、文章で、自分の情熱や仕事に対する思いを、端的に書くことが必要でした。

人目を惹く履歴書についても、学び、実践しました。

とにかく、倍率が高かった職場だったことと、自分が勤務がしたかった職場でもあり、一つ一つ、手を抜くことなく、とりかかりました。

試験、および面接について

試験では、一般常識の試験が出ました。学生時代以来、真面目に勉強したことがないので、とても苦労しましたが、参考書と試験問題の本を買い、主に図書館で集中して行いました。

一般常識と言えど、国語、英語、理科、数学などの問題と、保育士としての専門的問題があり、学ぶことは山ほどありました。

保育の専門問題については、現役で働いていたこともあり、それほど苦労しませんでしたが、その他の教科については、忘れていることが多く、大変苦労しましたが、努力して、学びました。

面接については、清潔感を心掛け、面接の練習もし、保育士としての自分の考えは、はっきり主張しました。分からないことは、はっきり、分からないと答えることも必要に思います。

受け答えは、はきはきとし、保育士としての自分の意見を持つのは必要に思います。

それを、一生懸命伝えることによって、相手も好印象を持ってもらえると思います。

こうして、私は、転職に成功しました。

仕事内容が激務なのに割りに合わない保育士の年収

保育士の仕事

私は自分自身に子供が生まれ独学で勉強して保育士に転職したのですが、保育士の仕事は思い浮かべていた仕事より精神的にも体力的にも本当にハードな仕事だと思います。

やはりよそ様の大事なお子様の命を預かっているというのはすごく責任重大です。

自分自身にも子供がいたので分かっていたのですが、子供は大人のように危険を予測した行動はしてくれず自分の意のままに行動します。

ある程度こちらの言うことが分かってくれて怖さや危険さを理解してくれている年齢になれば良いのですが、常に一人一人の子供がどういった行動をとるか見張ってないといけないので、ずっと緊張状態が続き精神的にしんどいです。

また子供は手加減を知りませんし、小さいとは言え抵抗する時はすごい力を発揮します。

まただっこやおんぶなども日常茶飯事であり、走り回ったりと常に身体を使っての遊びになるので身体がとてもしんどいです。

年収が低く人手不足です

保育士の年収というのは、市役所採用の保育士以外はとても安く一人で暮らしていたり、私のように主人と共働きだとやっていける年収ですが、家族を養うにはとても厳しい年収です。

子供が好きや可愛いという理由から保育士を目指す人は多いですが、仕事と年収の割りの合わないことに折り合いをつけて資格は持っているものの別の職業についている方も多いです。

保育士の仕事は上記で述べたように精神的にも体力的にもハードな仕事ですが、その上持ち帰りも多い仕事です。

1日子供と一緒に行動して、昼寝時間にはその日の子供たちの記録等で終わってしまって、他の仕事をする時間が就業時間内に作れないことが多くて、家に持って帰って今度は製作に終われるということも多いです。

もちろんサービス残業のようなものですし、仕事とプライベートを分けたくてもそれが難しいです。

今、待機児童問題がよく言われていますが、まずは保育士の年収や待遇を改善して保育士を増やすべきだと思います。