希望する保育の職場に転職するためすることは

私は、様々な、保育の現場を転々として働いてきましたが、保育士になりたての頃からの夢だった、乳児院に転職することが出来ました。

なかなか、倍率が高く、転職するために書類選考、試験、面接がありましたが、諦めずに挑戦することで希望がかないました。

一般常識の勉強をしたり、面接で心がけることを、指導していただき、見事、働くことが出来ました。

しかし、そのためには、沢山の努力が必要でした。無料の就職サポートでポイントを指導してもらい、それを生かして、臨みました。

これ以上ないくらい本気を出して頑張りました。また、諦めることなく絶対働くという意思を強く持ちました。

履歴書の書き方

丁寧な文字でゆっくり、下書きをしました。

決して、文字の上手い、下手ではなく、丁寧に書くこと、志望動機などは、詳しく書き、どのような理由で希望したか、どのようなことをしたいか、いかに自分が此の仕事をしたいか、また、アピールポイントも詳しく書き、たかが履歴書と思わず、文章で、自分の情熱や仕事に対する思いを、端的に書くことが必要でした。

人目を惹く履歴書についても、学び、実践しました。

とにかく、倍率が高かった職場だったことと、自分が勤務がしたかった職場でもあり、一つ一つ、手を抜くことなく、とりかかりました。

試験、および面接について

試験では、一般常識の試験が出ました。学生時代以来、真面目に勉強したことがないので、とても苦労しましたが、参考書と試験問題の本を買い、主に図書館で集中して行いました。

一般常識と言えど、国語、英語、理科、数学などの問題と、保育士としての専門的問題があり、学ぶことは山ほどありました。

保育の専門問題については、現役で働いていたこともあり、それほど苦労しませんでしたが、その他の教科については、忘れていることが多く、大変苦労しましたが、努力して、学びました。

面接については、清潔感を心掛け、面接の練習もし、保育士としての自分の考えは、はっきり主張しました。分からないことは、はっきり、分からないと答えることも必要に思います。

受け答えは、はきはきとし、保育士としての自分の意見を持つのは必要に思います。

それを、一生懸命伝えることによって、相手も好印象を持ってもらえると思います。

こうして、私は、転職に成功しました。