念願の保育士になりましたが体調を崩して退職しました。


私は子どもの頃から保育士になることが夢でした。短大の保育科を卒業し念願の保育士になることができました。

そして20歳からの7年間正社員として保育園ではたらきました。とてもやりがいがありましたが、思っていた以上に辛いことの多い日々でした。

働く上で辛かったこと

保育士はかわいい職業のイメージがありますが実際には肉体労働です。子どもを抱っこしたりおんぶしたりは当たり前ですが、女性ばかりの職場なので重い物を運ぶのも自分達でやらなければいけません。

なので常に肩がこり腰が悪くなりました。しかしそれはまだ我慢できました。

何より辛いことは人間関係です。女性ばかりなので派閥がありいつも悪口を言いあっていたり主任の気分次第で怒られることも多々ありました。

そんな生活の中でだんだんとストレスがたまっていったのだと思います。

パニック障害発病

保育士を始めてから7年が経って立場も上になってきて、クラスリーダーを任されるようになりました。

その分責任も重くなり主任からきつく怒られることも増えました。しかも主任に嫌われていたので、私のミスをわざわざ探して怒られるという日々でした。それでも子ども達もかわいいし辞めたいなんて思いませんでした。

しかしある日怒られている時に過呼吸になってしまいました。その時はすぐに治まりましたが、次の日から仕事に行こうと思うと心臓が痛くなり息が苦しくなって出勤できなくなりました。

心療内科に行きパニック障害と診断を受けて1ヶ月間休むことになりました。

仕事復帰から退職まで

仕事を休んでから1ヶ月後まだ医者からは行ってもいいと言われませんでしたが、運動会前だから戻ってきて欲しいと言われ医者に無理を言って出勤してもいい許可をもらいました。

久しぶりに会う子ども達は本当にかわいくて再び会えた喜びで涙が出そうでした。これからもがんばって働いていこうとその時は思いました。しかし復帰から1ヶ月近く経ってまたいつものように主任から怒られる日々が始まりました。

その時に主任から「休んだのもどうせずる休みだったんでしょ」と言われました。本当にショックでした。

子ども達はかわいいですがもうここでは働けないと思い退職することにしました。

退職する日子ども達と離れるのが寂しくて涙が止まりませんでした。でも今は退職して良かったと思っています。

退職してからすぐ辛かった生理痛も偏頭痛もなくなり夜もぐっすり眠れるようになりました。